toggle
2016-05-14

ウォーキング

20160424_1411161

高校生の頃、セシリオ&カポノというハワイのデュオを聴いて衝撃を受けた。
LPのジャケットがアロハシャツの柄で、陽気なメロディと歌声の虜になった。

同じ時期にアメリカ西海岸の文化が押し寄せ、リーバイスとナイキで青春時代を過ごした。

今回の旅では毎朝ビーチを歩いたが、
聴いていたのは当時の曲が多かった。

40年以上の時が流れ外見は変わったが、
昔と変わらない自分がいて、
少し幸せな気分になった。

中谷哲哉


関連記事